My History
Photos Photos  

◆ MovingWavesスタジオを設立2006年~2007年
◆ 作曲・ミキシング・マスタリング・照明)2007年
◆ ロックコンサート(ギター)2007年ライブ演奏
◆ 鳥フルチャリティーコンサート 2007年音楽・照明監督・演奏
◆ アコースティックギターソロコンサート2008年ライブ演奏
◆ SepiaShadowsセピアシャドー2008年CDリリース
◆ ロックコンサート(ギター)2008年ライブ演奏
◆ PixieProphesyピクシーの予言2009年CDリリース
◆ ダンスミュージカル「ピクシーの予言」初演2009年芸術監督・演奏
◆ H2O エイチツーオー2010年CDリリース
◆ 音楽CD「組曲 UDOOR」2010年CDリリース
◆ プロバスケットボールチーム入場音楽2010年作曲
◆ チアリーダーダンス音楽2010年作曲
◆ 音楽劇「UDOOR神秘への旅立ち~月~」初演2011年監督・初演
◆ 音楽劇「UDOOR~太陽~」2012年音楽監督
◆ ホラー映画音楽2012年楽曲提供
◆ けべり(舞楽とのコラボ音楽)2012年作曲
◆ コンテンポラリーダンスとギターコラボ2012年出演・演奏
◆ 音楽劇「UDOOR~土星~」2013年楽曲提供・音楽監督
◆ 井上鑑プロデュース「連歌・鳥の歌」2013年出演・演奏
◆ 台湾・日本・アメリカダンスコラボ2013年楽曲提供・音楽監督・演奏
◆ 音楽劇「UDOOR~木星~」2014年楽曲提供・音楽監督
◆ 藤岡浩講演会でギター2014年ライブ演奏
◆ 源氏物語(台湾)2015年楽曲提供・音楽監督
◆ Dark Diversionダーク ダイバージョン2014年CDリリース
◆ 音楽劇「UDOOR~竜宮~2015年楽曲提供・音楽監督
◆ 田舎狂言音楽「江平案内」2015年楽曲提供
◆ 新体操音楽2016年楽曲提供
◆ 田舎狂言「おっどんもおどっど」2016年楽曲提供
◆ 現在雅楽とのコラボ進行中 2017年~作曲・演奏予定

 

プロフィール


私は、イギリスのBrightonで生まれました。 一般的な学校での音楽教育では、ちょっと異質な子供だったようです。というのは、後になってからわかったのですが、音楽感覚を教えようとする先生には、concordsよりdiscords を心地よいと感じる私は、普通とみなされずに、いい点数はもらえなかったようです。そういうわけで、学校での音楽の成績はいつもどん底・・・。 ギターへの興味がわいたのは、King CrimsonでRobert Fripp が演奏しているのを見たのが最初でした。 まずはじめに行ったことは、当時有名だったギタリストのレコードを何度も何度も聞いて、正確にまねすることでした。そうするうちにコピーするだけでは得られない音楽的なものの存在に気づいて、速さだけではない音楽感情に基づいたメロディカルなアプローチを模索し始めました。フリーで演奏するPaul Kossoffを聴いたときに同じ感覚の演奏をする人がいると感じたものでした。 私は、19歳でBuzzというバンドに入りました。そこで5年間プロとして演奏し、ポリドール社からレコードもリリースしました。LondonのWardour Streetにあった Marquee Studioで録音したわけですが、その時見たスタジオの様子は目に焼きついています。当時最小の設備しか持っていなかった私にとって、ここのものすごく高価な音響機器は驚きでした。また、ここで経験したmultiple tape recordersの技術を駆使しての録音を通して音楽を創り出す喜びが私のものになりました。私は、将来自分のスタジオを持って、自分の音楽を創るぞと強く思ったものです。当時、週に3~4回のライブを持ちながら、ほかのやりたいこと、たとえば、philosophy とかmartial artsとか・・・をするのはなかなかでした。Musical Industryのあり方にも疑問がわいていた時期でもありました。そんなときだったので、スタジオでの体験が引き金になって、Musical Industryから立ち去ることにしたのです。私は、電子工学(コンピューターハード・ソフト専攻)を学ぶため大学に入り直し、自分でsynthesizersとeffect pedalsを製作しました。ライブ演奏からは遠ざかりましたが、音楽はいつも私の周りにはありました。 2002年にBroという友人のバンドに招かれてゲストギタリストとしてライブに出演しました。私にとってギター演奏を再開させる魔法のようなライブでした。まもなく私はMoonshineというバンドを組みました。バンドにはギタリストは一人しかいまいません。そこで、リズムとリードを一手に引き受けるという私にとっては新しい挑戦をしました。ものすごく楽しい音楽的challengeでした。 時代とともに音響技術は進歩して、コンピューターを使用することで昔感じていた音を創作する際のfrustrationsを克服できそうな気がします。そこで、私は長年の夢であったスタジオを持つことに決めました。防音に関するリサーチから始め、12ヶ月間の計画で、設計、デザイン、建築、すべて一人でスタジオを作り上げました。 Moving Waves Studioと名づけています。昔、高価な機器に頼っていたスタジオが、今ではコンピューターを生かすことで、同じような質の高い音を作り出すことができるようになったのです。

Early  musical history.
D Kerrison
Photos
 Photos

Early  musical history.
D Kerrison
Photos
 Photos

Profile

David Kerrison was born in Brighton - UK His musical interests were suppressed at school. Only later diddk he realize that his preference for discords, over concords, was the major reason his school music teacher graded him bottom of the class. His interest in guitar did not take hold until he first saw Robert Fripp play guitar with King Crimson. Essentially self taught he spend most of his early days just listening to records and trying to emulate the famous guitarists of the time. He soon realized that he preferred not to try and copy his friends, by simply playing as fast as possible, but rather he tried to find a more melodic approach based on feeling. After hearing Paul Kossoff he knew that he was not alone. At the age of 19 he joined a band called Buzz and played professionally for 5 years; and even released a record under the Polydor Label. From the first day of recording at the Marquee Studio in Wardour Street, London, his desire to have his own studio took hold. In those days equipment was very expensive and had few facilities. This led to experimentation with multiple tape recorders and essentially learning electronics so that he could build his own synthesizers and effect pedals. Despite the pressures of gigging 3 or 4 nights a week he still found time for other interests including philosophy and martial arts. Eventually he became disillusioned with the Musical Industry (nothing has changed) and he stopped playing for many years in order to pursue other interests. During this time he never stopped listening to music. In 2002 he was asked to play live as a guest in his friends band called Bro. The magic returned and before long he co-formed the band called Moonshine. As the only guitarist in the band he found the demands to play rhythm and lead at the same time a challenge. However it was one he really enjoyed. Technology had also moved on and the ability to use computers meant that the creative frustrations experienced of his earlier years could now be satisfied. This resulted in building the Moving Waves Studio. As he undertook all the research, design and construction work himself the project took almost 12 months to complete. Using his knowledge of computers he could realize a high quality studio that previously would have been prohibitively expensive.